お知らせ

《KGRI》Zoomセミナー「コロナ時代の日本と世界」:新たなパラダイムを危機とするか機会とするかを考える

KGRI Virtual Seminar Seriesのご案内

参加ご希望の方は、下記要領にて各セミナー開催の2日前までにご登録ください。

塾生・塾員以外の方のご参加も大歓迎とのことです。

 

慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI)では、以下のオンラインセミナーを開催いたします。

 

「コロナ時代の日本と世界」:新たなパラダイムを危機とするか機会とするかを考える

 

COVID-19は瞬く間に世界を席捲して、700万人をこえる感染者と40万人をこえる死亡者をもたらし、いまだに収束の道筋がたっていません。

先進国が軒並み大きな被害をうけたにも関わらず、日本は制御不可能な感染爆発には至りませんでした。そして今、コロナが存在し続ける社会を見据えて、最初のコロナの洗礼で明らかになった日本の強靭さを伸ばし、脆弱な部分を補う構想と戦略を練らねばなりません。

慶應義塾は、常に時代の先導者でありたいと願ったおり、COVID-19の対応にしても、各界で活躍する塾員が大きな働きをしました。この4回のセミナーシリーズでは、内外で活躍するエキスパートのお話を伺い、最終回では、視聴者から寄せられた意見や質問を踏まえて討論を行います。

また、一部の講演は日・英で発信されます。

詳細は下記のとおりです。

皆様とVirtualにお会いすることを楽しみにしています。

 

                         記

 

【詳細(申込方法)】

https://www.kgri.keio.ac.jp/news-event/070204.html

 

事情により変更がありますことを予めご承知おきください。

最終的な講師略歴と講演要旨は事前にKGRIウェブサイトに公開いたします。

 

【第1回 医療と科学技術】2020617日(水)17:00-18:30

アジア地域におけるCOVID-19対策:教訓と将来展望

 葛西 健(WHO西太平洋地域事務局長)

日本が医療崩壊を免れた「ファクターX」を探せ

 中原 仁(慶應義塾大学医学部教授)

メドテックエコシステム -緊急対応からの学びとポストコロナ時代の連携-

 竹村 研治郎(慶應義塾大学理工学部教授)

 

【第2回 経済と労働】20207 1日(水) 17:00-18:30

ポストコロナのマクロ経済(仮)

 小林 慶一郎(東京財団政策研究所研究主幹)

コロナの社会保障への影響(仮)

 井深 陽子(慶應義塾大学経済学部教授)

New Normal時代の働きかた(仮)

 風神 佐知子(慶應義塾大学商学部准教授)

 

【第3回 社会と法律】2020715日(水)17:00-18:30

コロナ時代の地政学的地殻変動(仮)

 中山 俊宏(慶應義塾大学総合政策学部教授)

コロナ時代の社会インフラとしての情報と個人(仮)

 山本 龍彦(慶應義塾大学大学院法務研究科教授)

演題名(確認中)

 若目田 光生(日本総合研究所上席主任研究員)

 

【第4回 総括討議】2020729日(水)17:00-18:30

特別講演:コロナ後の世界と日本の将来展望

 武見 敬三(参議院議員)

総合討論:

 武見 敬三(参議院議員)

 葛西 健(WHO西太平洋地域事務局長)

 岡野 栄之(慶應義塾大学医学部教授)

 

【お問い合わせ先】

KGRI事務局

E-mail: kgri-office@adst.keio.ac.jp

===============================================